Exhibitions

     

ART FAIR TOKYO 2017
会期: 3月16日(木)-19日(日) *16日は招待者のみ





Beppe Kessler
temps perdu / square cm of color / CD brooches 2007 / 2013 / 2013 balsa wood, amber / wood, acrylic, paint / wood, cd, vinyl(old record), acrylic
bororo Rock Ring 2013 SV, Chrysoprase


Etsuko Sonobe little treasures(Ring) 2016 K20YG, Amethyst
Hideto Hyodo gradation small box 2015 acrylic, white oak

 
Kazuko Mitsushima glass & opal ring 2016 glass, opal
Mo^ko Kobayashi  Appointment / Frog(Brooch / Pin brooch) 2016 glass beads


Stitch hikite M(Brooch) 2016 Akoya pearls, mixed media
Wataru Yamazaki  Karasunoendo / Wild Chervi / Feather(Brooch) 2015-2016 K18GG, PG / SV925 / SV925



今年のアートフェア東京2017では、昨年よりもブースを拡大し7名のジュエリー作家と、アクリル作家1名の作品をご紹介いたします。


出展作家 プロフィール :

Beppe Kessler ベップ・ケスラー
1952年アムステルダム生まれ。ヘリット・リートフェルト・アカデミーでテキスタイルを学び、その後絵画やジュエリーの制作に取り組む。金属・木・樹脂などの様々な素材と、ペイント・刺繍・切削・ソーイングなどの技術を組み合わせた美しいジュエリーを数多く発表。コンテンポラリージュエリーのオスカーともいわれる公募展SCHMUCKで2度も大賞に輝くなど、マルチな才能を発揮しているアーティストである。

bororo ボロロ
デザイナーの赤地明子はニューヨークにて宝石学を学んだ後、旅する宝石商として自ら美しい石を求めて世界中を巡る。コロンビア、ブラジル、ドイツ、タンザニア、スリランカ、タイなど世界各地の宝石産地や市場に独自のコネクションを持つ。「天然石の美しさをそのまま身につける」がコンセプトのbororoのジュエリーは、ひとつひとつが完全なオリジナルピースである。
 
Hideto Hyodo 俵藤 ひでと
1972年生まれ。ICSカレッジオブアーツ卒。(有)ひょうどう工芸取締役。2002年デリバリーワークスを設立。アクリルを中心にプロダクトからアートピース、伝統文化から店舗什器まで、領域を選ばず立体物のデザイン及び製作を行なう。

Etsuko Sonobe 薗部 悦子
1955年東京都生まれ。ジュエリー作家。武蔵野美術短期大学専攻科卒業後、企業のジュエリーなどの商品開発にデザイナーとして携わるとともに、自身のジュエリーブランド「etsuko sonobe」を展開。また、コンテンポラリージュエリーの制作を続け、国内外での個展やグループ展、アートフェアなどで作品を発表している。

Kazuko Mitsushima 光島和子
1968年甲南大学社会学部心理学科卒業。ガラス作家。伝統工芸家羽原一陽氏から彫金を学ぶ。シアトルの「ピルチャックガラススクール」など各地で
吹きガラス制作技術を磨き、ガラスと金属の組み合わせによる独自のスタイルを確立。作品は国内外のギャラリーなどで展開し、ガラスと紙など異素材によるオブジェ、インスタレーションも発表している。

Moko Kobayashi 小林モー子
1977年神奈川県生まれ。刺繍家。アパレルメーカーのパタンナーを経て2004年に渡仏。エコールルサージュにてオートクチュール刺繍を学びディプロム取得、パリを拠点に活動を開始。2010年3月に帰国し、刺繍アクセサリーの制作、オートクチュール刺繍教室を主にmaison des perlesとして活動を始める。

Stitch  スティッチ
デザイナー石渡明子による、刺繍で描いたオリジナルモチーフと天然石を縫い込んだハンドメイドのアクセサリーブランド。女子美術短期大学を卒業後、2003年にグラフィックデザインの会社に在籍しつつ、刺繍作品を制作開始。2006年に刺繍の平面作品と手刺繍をそえたバッグを「Stitch」のブランド名で発表し、2011年よりアクセサリー制作を展開している。

Wataru Yamazaki 山崎 航
1978年生まれ。鍛金家である井尾建二と彫金家である泉良一に師事。2002年 WATARU YAMAZAKI JEWELRYを設立。貝殻や草花など、自然が持つ完成美を、独自のバランス感覚と日本の伝統彫金の技術でデザインに取り入れたジュエリーを制作している。2002年『伝統工芸金工展』、2003年『伝統工芸新作展』、以降連続入選。社団法人日本伝統工芸会準会員。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【アートフェア東京2017】

開催日程
一般公開:
3月17日(金)13:00-20:00
3月18日(土)11:00-20:00
3月19日(日)10:30-17:00

ファーストチョイス:
3月16日(木)16:00-18:00
オープニングプレビュー:
3月16日(木)18:00-21:00
特別先行入場:
3月17日(金)11:00-13:00
*ファーストチョイス及びオープニングプレビューはご招待状をお持ちの方のみ。

会 場
東京国際フォーラム ガラス棟 地下2階 ホールE(東京都千代田区丸の内3-5-1)

ART FAIR TOKYO 2017 HP
https://artfairtokyo.com/2017


Ritsuko Ogura Exhibition
会期: 4月14日(金)-23日(日) 









ギャラリードゥポワソンでは、Ritsuko Oguraの作品展を開催いたします。

ジュエリー作家の小倉理都子は、様々な素材を駆使し枠にとらわれない斬新で存在感のあるジュエリーを発表し、国内外で活躍しています。

以前からのシリーズであるアクリルのリングは、挟み込んだシルバーの表情が変化し、身につけた人自身が眺められる手の上のオブジェでもあります。シルバーのリングは、径の異なる球体を切り取り、組み合わせたものです。

「今回は敢えて塗料で着色したリングも作った事により、素材から解放されたと感じ、ジュエリーの自由な可能性を認識しました。」と小倉は語っています。

本展では、工業製品がアートジュエリーになることを明らかにしたかったとの思いで生まれた段ボールのジュエリーや、時間の経過と記憶が喚起させる抽象的概念をジュエリーとして成立させたいと模索したフィルムの作品もご紹介します。

どうぞこの機会に、会場にてご高覧ください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Ritsuko Ogura / 小倉 理都子 略 歴

1978年 中村ミナトに師事。1990年代より国内外で多数のグループ展、個展、美術館での展覧会、アート・フェアーなどに参加。2014年以後の美術館での展覧会と活動は下記の通り。

2014
「MULTIPLE EXPOSURES Jewelry and Photography」 The Museum of Arts and Design (MAD) NY/U.S.A. (5/13-9/14)「グループ展」
「Bert de Wilde ・ Ritsuko Ogura」 Galerie Beeld & Aambeeld エンスヘーデ(Enschede)/オランダ (9/6-10/8)「二人展」
「Gifts from America (Hermitage Museum for its 250th Anniversary)」 エルミタージュ美術館 サンクトペテルスブルグ/ロシア (12/3-1/10/2016)「グループ展」

2015
グループ展 「jewellery 1970-2015 BALLMAN COLLECTION FRITZ MAIERHOFFER-Retrospective」MAK Exhibition Hall  Wien/AUSTRIA (1/14-3/29)
グループ展 「CODA Paper Art 2015」 CODA Museum Apeldoorn/ NETHERLANDS (6/7-10/25)

2016
レクチャー 卯辰山工芸公房
公募展 「Schmuch 2016」 ミュンヘン/ドイツ (2/24-3/1)


パブリックコレクション:
Museum of Fine Arts,Helen Williams Drutt Collection(Houston,U.S.A)
The Montreal Museum of Fine Arts (Montreal,CANADA)
Design Museum(Helsinki,FINLAND)
HIKO-MIZUNO College Of Jewelry(Tokyo,JAPAN)
Collection of the Town of Cargnes-sur-Mer(FRANCE)
The State Hermitage Museum(St.Petersburg,RUSSIA)
Philadelphia Museum of Art(Philadelphia,U.S.A.)
CODA MUSEUM  (Apeldon,NETHERLANDS)) 
Los Angels County Museum of art (Los Angels,U.S.A.)
Cooper Hewitt,Smithsonian Design Museum,Smithsonian Institution(New York,U.S.A)


プライベートコレクション:
The Olnick-Spanu Collection





過去の展覧会情報をみる