ギャラリードゥポワソン
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿
2-3-6 B1F
+1F
Phone:
03-5795-0451
Open 12:00-20:00
Closed on Mondays
info@deuxpoissons.com






 


Exhibitions

     

2015年7月3日 - 7月12日
KAZUKO MITSUSHIMA SOLO EXHIBITION




このたびギャラリードゥポワソンでは、ガラス作家 光島和子の個展を開催いたします。
光島は彫金を学んだ後、たまたま訪れた工房でガラスそのものの美しさに強く惹かれ、ガラス作品の制作を始めました。各地でガラス制作技術を磨き試行錯誤の結果、独自のスタイルを確立し、ガラスジュエリーのパイオニア的な存在でありながら、今もなお第一線で活躍し続けています。

今回新作のモチーフに選ばれたのは、真珠。ガラスと真珠という異素材の組み合わせは、互いを引き立て合いながら存在し、光島の作品に新たな魅力を加えています。まるで生きもののように多彩な表情を持つ光島の作品は、強く、美しい。作品の放つパワフルなエネルギーは、まるで作家自身を現しているようにも見えます。作家がガラスから受けた感動や情熱を、ガラスが閉じこめているのかもしれません。カラフルで心躍る、その光や美しさに気づく時、私たちは作家を惹き付けてやまない世界の一端に触れられることでしょう。

これまで常設ではご紹介してきましたが、当ギャラリーで初めての個展となります。夏には涼しげなジュエリーとして特に人気の高い光島和子。新作モチーフを中心に、これまでに展開しているリングやネックレス、ペンダント、そしてピアスやブローチなど約150点が発表されます。どうぞこの機会に、会場にてご高覧ください。


“面白いからもっと先へと歩みを進める、
楽しいからもっと多くのことを学ぶ、
次のイメージが湧いてくるから新たな作品を手掛ける。
これからもそんな自然体でガラスと一緒の旅を続けたい。” ―光島和子
                     


光島和子 略歴

1968  甲南大学社会学部心理学科卒業
1985  第19回ユーゴスラビア セルジュ国際ジュエリー展 銀賞
1988  日本クラフト展優秀賞・松屋銀座
1990  現代日本ジュウリー展 リュクサンブール美術館・パリ
1994  日本のガラス展 ヘラーギャラリー・ニューヨーク
1995  コンテンポラリージュウリー展 国立近代美術館・東京
1998  Jewelry Moves スコットランド国立美術館・エディンバラ
1999  METAL ELEMENT ギャラリーQUADRIVIUM・シドニー
2000  SELECTION2000 エッセンデザインセンター・独
2001  Contemporary Japanese Jewelry Crafts Council・ロンドン
2004  個展 スコティシュギャラリー・エディンバラ
2005  ”シェクスピアの女たち”ギャラリーComo・東京
2006  "Shakespeare as Glass Jewelry in Dioramas" ギャラリ-Gen・ニューヨーク 
2007  Lecture of Glass Jewelry Glass Art Society's 37th Annual Conference・ピッツバーグ
2007  "ジュエリーの今 変貌のオブジェ"国立近代美術館・東京
2009  "Glass Wear" Museum of Arts & Design・ニューヨーク
2013  “Pearl Exhibition” スコティシュギャラリー・エディンバラ
2014 個展 光島和子ガラス展 LADSギャラリー・大阪





過去の展覧会情報をみる