Exhibitions

     

DAN TOMIMATSU Exhibition 『 DISSOLVE “RUDE ORE” 』
2021年2月26日(金) - 3月14日(日) 12:00-19:00
月曜日休廊










ギャラリードゥポワソンではDAN TOMIMATSU個展DISSOLVE “RUDE ORE”を開催いたします。 デザイナーの富松 暖は、人はジュエリーが備えている‘人の心に働きかける作用’を身に付けていると考え、 日々、必要に迫られる中で知覚されづらくなる日常に秘められた美にかたちを与え、宿す器となり得るジュエリーを制作しています。

本展は、2016年にミラノサローネで発表されたDAN TOMIMATSU独自の工芸技法 DISSOLVEに焦点を当て企画されました。 発表から現在までの5年の年月の中で熟成を遂げた作品群に加え、試作品や、制作のプロセスなどが展示され、DISSOLVEの発展の 軌跡をご覧いただけます。

DISSOLVE技法を用いて制作されるジュエリーは個々に異なるテクスチャーが生まれる特徴を持ちます。それは、陶芸の器に生まれる 一つ一つ異なるひび割れや貫入を景色として愛でる日本の美意識に通ずるものがあります。

本展ではDISSOLVEのフルコレクションをはじめ、DAN TOMIMATSUの代表的なコレクションUNBOUNDが並び、お手に取ってご覧いただけます。

どうぞこの機会に、会場にてご高覧ください。


〈DISSOLVE コレクションについて〉

DISSOLVEはDAN TOMIMATSUの独自の工芸技法を用いて制作されるジュエリーコレクションです。

遥か昔に造られた金や銀の装飾品が何千年もの間、地中に埋もれていた場合に、装飾品を構成する地金に含れる不純物が溶け出し、 消失する現象が起こります。その結果として、装飾品の表面の起伏に加えて、内部にかけて複雑に入り組んだ空洞が生まれます。

自然の力によって長い時間を掛けて与えられるこの質感は、人間の手で制作された人工物でありながら、同時に鉱物の様な有機的な質感を 併せ持つようになります。

DAN TOMIMATSU はこの現象に着目し、工芸技法 DISSOLVEへと発展させました。

貴金属から他の物質が消失するプロセスを意図的に作り出し、悠久の時を経なければ生まれ得ない質感、形状を備えたジュエリーを 制作することを可能としました。この技法を用いて制作されるジュエリーは、自然の力によって生み出される鉱物と同じように、1つ1つ 異なるパターンを有しています。

自然と人の境界に佇む、世界にただ1つのジュエリーを制作します。



DAN TOMIMATSU Exhibition 『 DISSOLVE “RUDE ORE” 』
2021年2月26日(金) - 3月14日(日) 12:00-19:00
月曜日休廊

会場 
gallery deux poissons
東京都渋谷区恵比寿2-3-6 1F
tel. 03-5795-0451

ONLINE SHOPはこちら


個展開催中 以下の日程で、デザイナーの富松 暖さんがオンライン在廊致いたします。

2月27日(土) 15:00 - 16:00
2月28日(日) 15:00 - 16:00
3月13日(土) 15:00 - 16:00
3月14日(日)15:00 - 16:00



DAN TOMIMATSU / 富松 暖

1982年 東京生まれ。 DAN TOMIMATSU 主宰。Air & Science CDO。 DOMUS ACEDEMY Master in Design 修了。 奈良芸術短期大学クラフトデザインコース非常勤講師。 2020年に奈良に移住後、国内外でデザインプロジェクトを展開する。 近年では、マンチェスター国際映画祭 最優秀実験映画賞受賞。 Hongkong Smart design award 金賞受賞等。

HP http://dantomimatsu.com






過去の展覧会情報をみる