Etsuko Sonobe
     







薗部 悦子 

ジュエリー作家。1976年、武蔵野美術短期大学工芸デザイン専攻科卒業。以来、企業のジュエリーなどの商品開発にデザイナーとして携わるとともに、自身のジュエリーブランド「etsuko sonobe」を展開。また、コンテンポラリージュエリーの制作を続け、国内外での個展やグループ展、アートフェアなどで作品を発表。主な展覧会に、フォルツハイム美術館「ORNAMENTA 1」、東京国立近代美術館工芸館「ジュエリーの今、変貌のオブジェ」など。作品は、National Museum of Sctottland、The Marzee collectionなどに収蔵されている。現在、Galerie Marzee(オランダ)にて展覧会開催中。
天然石と貴金属の魅力を最大限に引き出すデザインと丁寧な手仕事によるジュエリーが特徴。


個展 
2015 Chang Chang gallery / Taiwan
2013 Gallery duex poissons/ Tokyo
Galerie Marzee / Nijmegen
2011 Gallery deux poissons/東京    
2009 Galerie Marzee/オランダ
2009 Gallery deux poissons/東京
2006 Galerie Marzee/オランダ
Gallery deux poissons/東京
2004 Gallery deux poissons/東京
2002 Galerie Marzee/オランダ
2000 Galerie Slavik/オーストリア  
1999 Galerie Sofie Lahhaert/ベルギー
1998 Galerie Marzee/オランダ

展覧会  
2015 Art Jewelry Today/ Mitsubishi Artium, 福岡
   ART FAIR TOKYO/ 東京国際フォーラム
   Spotlight Exhibition/ Mobiliagallery・マサチューセッツ
2014 New Pearl Uwajima/ Pass the baton gallery・東京
2012 Color Fields/Mobiliagallery・マサチューセッツ
2011 Jewelry・Glass and Mixed media/山の上ギャラリー・横浜
2010 Glass Quake/Mobillia gallery・マサチューセッツ
Es Peri.../GalerieHandwerk・ミュンヘン
2009 Spoon/TheScottish Gallery
2006 ジュエリーの今:変貌のオブジェ/東京国立近代美術館工芸館