chi ha paura...?
     



【Rose brooche】
by Esther Knobel

代表作の一つでもある本物の花を使ったシルバーのブローチは、作品の永続性よりも、季節やファッションを超越したコンテンポラリーな制作を続けるクノーベルの作品性を象徴しています。

Material: silver, dried rose
Price. 36,000yen +tax




Esther Knobel エスター・クノーベル 略 歴



1949年ポーランド生まれ。2歳の頃イスラエルへ移住。

1970-74年イスラエルの首都、エルサレムのBezalel Academy of Art and Designにてファインアートを学ぶ。その後イギリスへ渡り1977年ロンドンのThe Royal College of Art ジュエリー科を卒業。

1985-91年、1999-2004年は出身校であるBezalel Academy of Art and Designにて、1997-2005年はHolon Institute of Technology(イスラエル)にてそれぞれ講師を勤める。

代表作の一つでもある本物の花を使ったシルバーのブローチは、作品の永続性よりも、季節やファッションを超越したコンテンポラリーな制作を続けるクノーベルの作品性を象徴している。

イスラエルの代表的なコンテンポラリージュエリー作家の一人として国内外で作品を発表し、オランダの"Francoie van den Bosch Prijs"やイスラエルの"Ministry of Education Prize for Jewellery"、"Andy 2008"等数々の賞を受賞。


[主なパブリックコレクション]
The Museum of Fine Arts, Houston, Texas(アメリカ)/ National Museum of Scotland, Edinburgh(イギリス)/ Museum of Arts and Design, New York City(アメリカ)/ Israel Museum, Jerusalem(イスラエル)/ Stedelijk Museum(アムステルダム)他多数。